福生から拝島へ(3)


昭島市の猫

 今日は沖縄東北猫旅の2日目。天気が良ければ午前中いっぱい竹富島の猫と戯れたあと、このブログが予約投稿される18時ごろ、俺は中部国際空港で仙台行き(IBEXエアラインズ45便)の搭乗を待っているはずだ。このスジで行くと最終目的地の八戸には22:05に到着する。中部国際空港で乗り継ぐことにしたのは、限られた旅程の中で、竹富島の滞在時間を少しでも長く取るためだ。ざっと調べたところでは、乗り継ぎが那覇や羽田だと石垣の出発が早すぎてダメだった。日本の国土は狭いようで広い(というか長い)。
 今日紹介するのは14.9kmも歩いた東福生~拝島散歩の連載3回目。コロナ禍だの夏の暑さだので思うように散歩できない日々が続き、ようやく涼しくなったのが嬉しくて、つい無理をしてしまった。翌日は腰や股関節が痛くて辛かったが、この散歩で1年4ヶ月ぶりに踊り子さんに会えたのだから後悔はしていない。
 散歩の方は米兵頼みの歓楽街や健全(?)な商店街を過ぎ、河川敷の緑道で暮らす猫たちのねぐらへと差しかかっている。前回の記事の最後に紹介した薄色三毛と別れたあと、すぐに次の猫が視界に入ってきた。
福生市の猫

福生市の猫

 こちらは向こうを知っているが、向こうはこちらを覚えていない。不審者に目を細める黒白は、去年の台風19号でねぐらが破壊され、前回会った時は堆積物の上で香箱を組んでいた(こちら)。
福生市の猫

 次の猫も同じ境遇。みんな無事で何よりだよ。
福生市の猫

福生市の猫

 河川敷から離れてさらに行くと、猫専用のお寛ぎ処で黒白が寛いでいた。
福生市の猫

福生市の猫

 相方の茶トラ白は不在らしい。留守を守る強い意志を険しい目つきに見て取れる。
福生市の猫

 長いこと麦わらがシマを守っていた、とある団地の駐車場。久しぶりに猫を見たと思ったら三毛に変わっていた。
福生市の猫

福生市の猫

 かつてこの団地はたくさんの猫たちで賑わっていたが、今はほとんど見なくなった。まさか新たな猫に会うとは思っていなかった。
福生市の猫

 その団地の外れにもう1匹。
昭島市の猫

昭島市の猫

「ひえー、すたこらすたこら」
昭島市の猫

 貫禄の割に逃げ足の速い茶トラ白。両耳がカットしてあるのは意味不明。
昭島市の猫

 こちらは定点の猫拠点。舌を鳴らしたら1匹出てきた。
昭島市の猫

昭島市の猫

 顔見知りだけど懐かれているわけではないので、出てくるとは思っていなかった。
昭島市の猫

 この調子で今後もよろしく頼むよ。
昭島市の猫

「それはあなたの心がけ次第」
昭島市の猫

 茶トラ白が連続3匹目。民家の玄関ポーチで休んでいた。
昭島市の猫

昭島市の猫

 近所の人が面倒を見ているらしく、それなりに懐いてもくれるが、見かけることはかなり稀。君はいつもどこで過ごしているの。
昭島市の猫

「教えなーい」
昭島市の猫

 紙幅が尽きたので今日はこれでおしまい。続きはまた明日。
昭島市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 新北市の猫
  3. 八王子市の猫
  4. 川崎市の猫
  5. 川崎市の猫
  6. 日野市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 三浦市の猫

    2020.10.29

    再び海へ(2)
  2. 立川市の猫

    2020.10.28

    顎の裏
  3. 昭島市の猫
  4. 府中市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 八王子市の猫
  7. 奥多摩町の猫
  8. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP