会津の美人三毛とラーメン旅(1)


会津若松市の猫

 一昨日から昨日にかけて会津へ猫散歩に行ってきた。会津若松は過去の猫温泉旅で訪れている土地だが、いずれも妻を帯同していたので好き勝手に歩き回ることができず、市内を気の済むまで散歩したいとかねがね思っていた。特に前回(去年10月)は、たまたま立ち寄ったラーメン屋がとても美味しくて、その店のラーメンを食べるためにも再訪する機会を窺っていた。
 もともとJREポイントを使ってどこかへ行きたいとは思っていたが、今回は往復ともJRではなく高速バスを利用して、その支払いにJREポイント由来のSuica残額を充てた。宿泊を伴う一人旅は一昨年9月の沖縄東北猫旅以来で、1年4ヶ月も旅行を休んだのは社会人になってから初めてに近い。いつも通り手荷物は最小限にするところ、今回は水上での教訓により、ミツウマ社謹製のゴム長靴をリュックに詰め込んだ。調べたところ会津若松市内にも消雪パイプが導入されており、日帰りならまだしも泊りがけで足を濡らしたのでは霜焼けになってしまう。
 油断していると長くなるのでまずは猫を。初日の24日は目的のラーメン屋でお昼ご飯を食べたあと、カーシェアリングの車を借りて、隣町の会津美里町を散歩してみた。最初の猫はとある神社に鎮座していた三毛。
会津美里町の猫

 機嫌が悪くていらっしゃるみたい。呼んでもこちらを見てるだけ。
会津美里町の猫

会津美里町の猫

 実はここ、IWGさんの猫番組に登場した神社で、ほかにも数匹の猫が暮らしているらしい。10月の猫温泉でパスした会津坂下を散歩するか、それとももう少し小さな会津高田駅周辺にするか、かなり悩んだが、結果的にこちらを選んで良かったのかな。
会津美里町の猫

 ……と思ったけど神社のほかはさっぱり。雪の舞う街なかを6kmほど行ったり来たりしてみたものの、道中見かけたのはトロ箱に見え隠れする黒い猫耳だけだった。
会津美里町の猫

会津美里町の猫

 会津猫散歩の2日目は8:52のスタート。薄雲はかかっていたものの太陽と青空は見えていて、分厚いダウンジャケットでは暑く感じるくらいだったが、ゴム長を持ってきたのは大正解だった。今年は例年よりも積雪が多いようで、除雪の行き届かない場所には膝まで埋まるくらいの雪が残っている。一方、公道の消雪パイプはほとんど稼働しておらず、水を流しているのはもっぱら私有地の駐車場などで、その意味では水上よりは歩きやすいと言えた。ちなみにこの日の若松アメダスの最低気温は氷点下2.8℃で、最高気温は4.3℃。日差しさえあれば八王子と同じレベルの服装で充分だった。
 1匹目に遭遇するまでやや時間がかかったが、この日も無事に猫発見。
会津若松市の猫

会津若松市の猫

 近寄ったら警戒して背中を丸めた。もう一歩前に出たいところだが、雪の下に深い側溝があったりするので、迂闊に足を踏み出せない。
会津若松市の猫

 サビの次は2匹同時に発見。雪の白さが紛らわしいけど、どこにいるか分かるかな。
会津若松市の猫

 ほらいた。いちばん奥に個性的な塗分けの黒白。
会津若松市の猫

会津若松市の猫

 もう1匹は玄関マットの上で日なたぽっこ中。
会津若松市の猫

 人懐っこくはなく、近寄る素振りを見せたら車庫の奥へ逃げた。
会津若松市の猫

 さっきのサビとは只見線の線路を挟んですぐの距離なので、みんな同じ家の子かも知れない。
会津若松市の猫

 同じ路地にさらに1匹。ここは黒白が多いんだな。
会津若松市の猫

「単なる偶然だ」
会津若松市の猫

会津若松市の猫

 会津若松というのは人口115,000人を擁する福島県西部の中心都市であり、市街地は人や車が多い上に、昼夜問わず除雪車が行き来しているので、想像していたよりも遥かに賑やかだ。歩いていてもなかなか猫に行き会わず、先に既知の猫拠点に頼ることにして行ってみると、日陰にスタンバっているのが見えてきた。
会津若松市の猫

 ちんまりしていたのは見事なポイントさん。やっぱりここはカラーポイントの血が受け継がれているのだなあ(一例)。
会津若松市の猫

会津若松市の猫

 雪の向こうに隠れたシャイなポイントさんをもう1枚。
会津若松市の猫

 ポイントさんの建物を一つ隔てた駐車場は、猫温泉のついでにいつも立ち寄る猫拠点。日なたで温まっているのが見えるかな。
会津若松市の猫

会津若松市の猫

 近寄ったら警戒して身構えた。この子は眉間にレッドが見えているので二毛だね。
会津若松市の猫

 車の正面にも1匹。ここの猫の多さは盤石だな。
会津若松市の猫

 こちらはごく普通のキジトラ。雪国の猫もなるべく乾いた場所を選んで座るんだな。
会津若松市の猫

「当たり前だ」
会津若松市の猫

 塀の向こうからツッコミを入れるのはまたまたポイントさん。今回の会津猫旅もこの駐車場で多くの猫に出会うことになったが、あいにく紙幅が尽きたためこの稿はここまで。次回はあのレッドタビーポイントから紹介することにして一旦終了。
会津若松市の猫

関連記事一覧

  1. 府中市の猫
  2. 大田区の猫
  3. 調布市の猫
  4. 昭島市の猫
  5. 朝霞市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 横浜市の猫
  5. 八王子市の猫
  6. 横浜市の猫
  7. 国立市の猫
  8. 川崎市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP