熟女と子猫みたび


立川市の猫

 前回の夜勤の時、「雨のステイション」を聴きながら仕事していたら、茶トラ係長のことを思い出した。係長は2年近く前に死んだので会うことは叶わないが、一人ぼっちになったスーダラ1号が、今も誰かに撫でられるのを待っている。猫小屋の前でぽつねんとしている姿を想像したら、居ても立ってもいられなくなり、夜勤前に訪ねてみることにした。
 スーダラ君の写真をブログに載せたのは7月16日が最後だが、実はその後も何度か様子を見に行っている。いずれも夜勤前の昼下がりで、眠い時間帯だったせいか、スーダラ君は小屋の中で丸くなったまま、いくら呼んでも出てきてくれなかった。今日は気持ちの良い秋晴れだったせいか、日なたで撫でられ待機中だったのは幸運だった。
立川市の猫

立川市の猫

 やっと会えたね、元気だったか。
立川市の猫

 一通りごろごろすりすりしたあとは、一緒に日陰へ退避した。たくさん指を舐めてくれたので、動画も撮らせてもらった(こちら)。
立川市の猫

 緑の多い郊外の路地をゆるゆると歩いていると、向こうから1匹の猫がやって来た。
立川市の猫

 あら、逸れちゃった。思いっ切り避けられているな。
立川市の猫

 西立川時代に、この辺りで時々見かけていたサビだとしたら、とても歯が立たない。あの子は臆病すぎて、まともに撮れたためしがない。
立川市の猫

 日陰に青2号、フェンスの上には三毛がいる。
昭島市の猫

昭島市の猫

 指の匂いでご挨拶。スーダラ君にたくさん舐められたけど、ちゃんと手を洗ったからね。
昭島市の猫

 フェンスの上の三毛はあどけない顔立ち。前回に続いて今日も子猫に会えた。
昭島市の猫

 「前も言ったけど、私の子じゃありませんよ」
昭島市の猫

 そうは言っても子猫はまだ出てくる。
昭島市の猫

昭島市の猫

 この子は三毛よりもっと幼い。生後4ヶ月くらいかな。
昭島市の猫

 前回前々回の黒白子猫は春の子猫。この子はきっと夏の子猫だ。
昭島市の猫

 塀の上にはさらに夏の子猫がもう1匹と……、
昭島市の猫

 うーん、これを子猫と呼ぶかは微妙。さっきの三毛と同じくらいかな。
昭島市の猫

 青2号の路地で足止めを食ったため、立川まで歩く時間がなくなってしまい、西立川へ戻ってバスに乗った。最後に立ち寄ったのは茶猫タウン北。
立川市の猫

立川市の猫

 今日は新築後の人妻三毛ちゃん邸にキジトラがいるのを見かけた。ちょうど出てきた家主(恐らく先代の息子)は憮然としていて、猫を可愛がったり面倒を見たりしている様子は窺えなかった。とはいえあの辺りは猫と猫好きの巣窟なので、三毛ちゃんたちはどこかで元気にしているだろうとは思う。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 福生市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 福生市の猫
  5. 国立市の猫
  6. 日野市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 国立市の猫

    2020.7.12

    ほくろくらべ
  2. 日野市の猫

    2020.7.6

    療養生活へ
  3. 昭島市の猫
  4. 八王子市の猫

    2020.7.4

    雨見散歩
  5. 川崎市の猫
  6. 府中市の猫

    2020.7.1

    9周年
  7. 昭島市の猫

    2020.6.30

    三毛っぽい朝
  8. 福生市の猫

    2020.6.29

    福生娘AとB

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP