« 7月 2019 8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2019-08-06
夏のキジサバカップル

 台風8号は釜山からウラジオストクそして札幌と、かなり大回りして北上するようだ。南風が吹き込んで気温が上がるようなコースではないと思うが、台風の影響がなくても、晴れて日が差せば35℃超えは確実なので、散歩が苦行であることに変わりはない。せめて夕立の激しいのが降ってくれればありがたいんだが、梅雨明け以降、俺の猫探しエリアにそのような兆しはまったくない。最近はベッドのマットレスに熱がこもったままで、眠りが浅くて困っている。
 日勤の今日は5:50ごろ家を出た。6:00発の川崎行きに間に合うつもりだったが、近所で足止めを食ったので、乗れたのは1本あとの6:16発。足止めの原因は黒煙ちゃんとその相方だった。
府中市の猫

府中市の猫

 近所であんまり目立つのはアレだけど、朝のうちならゆっくり構えるからね。
府中市の猫

 今日の相方はきちんと顎を引いて、写る気まんまん。
府中市の猫

 スタート地点の中野島駅に着いたのは6:14。すでに日差しが強く、大方の猫は車の下に潜っているものと思われた。
川崎市の猫

 辛うじて見える場所にいたのがこちら。
川崎市の猫

川崎市の猫

 「僕の後ろにも1匹隠れているけど、呼んでも絶対に出てこないと思うよ」
川崎市の猫

 ご飯待ちと思しきサバトラが日陰に潜んでいた。
川崎市の猫

川崎市の猫

 出てくるのを待っていたら、にゃーんと鳴いてキジトラ登場。
川崎市の猫

川崎市の猫

 期待されちゃったみたい。悪いけど今日は手ぶらなんだよ。
川崎市の猫

 サバトラは遠巻きにこちらを見ている。
川崎市の猫

川崎市の猫

 待っていても何も出てこないことを悟ったか、2匹でいちゃつきながら茂みの中へ入っていった。
川崎市の猫

Classification tagging : | | | |

2019-08-05
いかりや式で再会

 一日だけのお休みだった今日は尿意とともに5時に目覚め、その勢いで猫散歩にも出かけたが、狭間〜めじろ台というコース選定がまずかったらしく、1匹逃げられただけで失意のまま8時前に帰宅した。分倍河原で15分近くも電車を待つ羽目になった時点で、何となくタイミングの悪い日という気はしていた。
 猫がダメでもやることは色々あって、午前中は主に庭の草刈りと台所の水栓交換を、午後からは様々な契約書類や証書類を整理するなどして過ごした。夕方になってようやくまったりしてきたが、暑さのせいでどの作業も完璧とは言えず、特に草刈りは読んで字のごとく草を刈っただけでまだ回収していない。こういう時、近所に草食性の野生動物がいてくれるととても助かるんだが、ここは北海道ではないのであまり期待できない。奈良公園の周辺に住んでいる人などは、刈った草を家の前に置いておけば、鹿が食べてくれたりするんだろうか。
 今日紹介するのは先月31日の朝、新秋津〜東所沢を散歩して見かけた猫たち。この日は三連休の初日で、張り切って出かけて会いたい子にも会えたが、夕方から超絶偏頭痛が始まったため、当日はおろか3日間の休み中に載せることもできなかった。
 1匹目に遭遇したのは6:20ごろ。県境に向けて細い路地を通り抜けていると、塀の向こうの墓石の陰から三毛が顔を出していた。
東村山市の猫

 カメラを向けたら呆れたような目つきになった。
東村山市の猫

東村山市の猫

 警戒心が強く、ちょっと近寄る素振りを見せただけで、墓石の向こうへ隠れてしまう。5分ほど粘って諦めた。
東村山市の猫

 定点の猫拠点に到着したのは7時前。顔馴染みの茶トラが所定の場所でちょこなんとしていた。
所沢市の猫

所沢市の猫

 険しい目つきのお嬢さん。指の匂いで思い出してくださいな。
所沢市の猫

 ごろーん。
所沢市の猫

 「よっ、久しぶり!」
所沢市の猫

所沢市の猫

 いかりや式で挨拶してくれたのは1年1ヶ月ぶりの肉食系三毛ちゃん。傍らには相方の鉢割れクリ白もいた。
所沢市の猫

 茶トラはやや気難しいところがあるが、ここの猫たちは基本的にみんなフレンドリー。地域の人に可愛がられているのだろう。
所沢市の猫

所沢市の猫

 ほら、フレンドリー。
所沢市の猫

 ちなみに、いかりや式挨拶というのは、片手を上げて「おいっす」とやるアレのこと。一定の年齢以上の人ならみんな知っていることだが、そうでない人のために一例を挙げておく(こちらこちらこちらなど)。
所沢市の猫

 あまり長居すると日が高くなって暑くなるので、20分ほど滞在ののちおいとますることにした。3匹とも見送ってくれてありがとねー。動画はこちら
所沢市の猫

 散歩で見かけた最後の猫は三毛ちゃんたちの近所の子。
所沢市の猫

所沢市の猫

 シックな佇まいのキジ霜降りさん。いわゆる一つのブラウンティックドタビー。
所沢市の猫

 帰宅したのが9時すぎと早かったせいか、キジ白5号が見えるところで伸びていた。
府中市の猫

 もう少し日が高くなったら、もっと涼しいところに引っ込むはず。
府中市の猫

府中市の猫

 1本隣の路地には武蔵もいた。
府中市の猫

 落ち着きのない子なので、静止したところを捉えたつもりでも、耳がイカになっていたりして、公式写真的なのがなかなか撮れない。毛艶がいいので茶トラのサンプルにしたいんだけどな。
府中市の猫

府中市の猫

2019-08-04
警戒レベル4段階

 自宅の庭に雑草が生い茂っている件はヤギの任用を断念し、電気草刈り機を買うことで解決を図ったが、モノは届いたものの毎日暑すぎて何もする気にならない。一方、多摩センターのヤギレンジャーは毎日淡々と草を食んでいて、彼らが猛暑日の日なたでも平気なことに驚く。簡素なテントは用意されているが、中で休んでいる姿を見ることはあまりない。ヤギがこんなに暑さに強い動物だったとは知らなかった。
 夜勤明けの今日の散歩は京王よみうりランドから稲田堤まで。時節柄、道行く猫と偶然行き会う確率は非常に低いので、散歩コースに点在するいくつかの猫民家を巡回する形を取ったが、南中高度が高く、日陰が少ないので、みんなどこかへ隠れてしまって誰もいない。先月31日の散歩の写真が残っているので、今日はそっちを載せるかーと半ば諦めかけた矢先、日陰で休む茶トラの存在に気づいた。
川崎市の猫

川崎市の猫

 炎天下を40分も歩いてやっと会えた貴重な子。慎重にそろりそろりと近寄ってみる。
川崎市の猫

川崎市の猫

 正常域→注意域→警戒域と3段階の閾値を経て、これが最後の危険域。次の一歩で家の裏へ逃げていった。
川崎市の猫

 残りの1匹は家の近所の三毛3号。今月は夜勤が多くてホント辛い。
府中市の猫

Classification tagging : | |