« 10月 2019 11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2019-11-10
親密なカンケイ

 ここのところ雲一つない秋晴れの日が続いていて、出勤日であることを恨めしく思ったりもするが、今月は台湾猫旅で6連休するので贅沢は言えない。この季節、フィールドに出て写真を撮るなら、台湾より国内だよなあと思わないでもないが、台湾旅行を真冬にすると雨に降られるし、日も短いし、それはそれで残念な思いをする。実際、1月上旬に渡台した前々回の猫旅は、5日間のうち半分が雨で旅程の変更を余儀なくされたし、逆に11月中旬に渡台した前回の猫旅は、今までにない好天に恵まれ、一滴の雨に当たることもなく162匹の猫に遭遇した。
 とはいえやはり紅葉と猫を愛でたい気持ちは強く、一日だけの休暇ではややきついにしても、奥多摩あたりへ行きたいとは思う。問題は台風19号の影響で猫集落へ至る道路が通行止めになっていることで、報道では「孤立」という表現を使っていたが、車両のみ規制されているのか、徒歩なら通れるのか、詳しい情報が見つからないので分からない。氷川から猫集落まで歩くことは厭わないが、片道1時間以上かかるので、そうなるとやはり一日だけの休暇で行くのは重いかも知れない。
 今日は4連続日勤の3日目。日曜日の朝は人通りも少なく、気兼ねなく猫を構えるのでいつも行き先に悩むが、今朝は谷保のスクーター二毛に会えればと思い、6時半ごろ家を出た。分倍河原から谷保までは2駅で、まだ影の長い商店街を覗いてみると、常駐の灰白が朝日に向かって佇立していた。
国立市の猫

国立市の猫

 真正面にお日様があるのでしかめっ面だけど、人懐っこい子。
国立市の猫

 ほらね。
国立市の猫

 人懐っこい灰白を撫でていると、気配を察した相方が現れた。
国立市の猫

 一日の始まりは嗅ぎ回りから。今日もナイススメル。
国立市の猫

国立市の猫

 恋人同士のように仲の良い2匹。体温と日差しで朝からぬくぬく。
国立市の猫

国立市の猫

 時々思い出したようにこの街を訪れるが、2匹揃って遭遇することはあまりない。今朝は運が良かった。
国立市の猫

 そんな俺たちの様子を遠巻きに見て、にゃあにゃあ鳴いているのもいた。
国立市の猫

 近寄ったら鳴き声が大きくなった。お腹が空いたかー。
国立市の猫

国立市の猫

 近所の軒先に置かれていた空っぽの皿は、きっとこいつのだろう。日曜日だから配膳が遅いのかも知れない。
国立市の猫

 花咲く路地の彼方、車の下で日に当たる2匹の猫発見。
国立市の猫

国立市の猫

 背伸びしながら出てきたのは顔馴染のサバトラ。真東を向いているので眩しそう。
国立市の猫

国立市の猫

 茶トラはスクーター二毛の相方。臆病なヤツなので、いくら呼んでも車の下から出てこない。
国立市の猫

 肝腎のスクーター二毛には会えずじまいで、最後に見かけてから1年3ヶ月も経ってしまった。元気にしていればいいんだがなあ。
国立市の猫

Classification tagging : | | | |

2019-11-09
子猫の路地で空振り

 毎年のことではあるが、散歩時間が1時間以下となると、日の差さない早朝に猫を見つけるのが難しくなる。今朝は調布~京王多摩川を歩いて5匹の猫に遭遇し、3匹がカメラに収まったが、このコースならもっとたくさん会えてもよかった。せめて前回見かけた子猫たちには会いたかった。今日の東京の日の出時刻は6:10で、年明けにはこれが6:51にまで遅くなる。冬季は夜勤を多めにしてもらうよう依頼しているが、新人の習熟度が今ひとつで、希望通りに行かなくなってきている。うまいこと猫に会えるのか、毎朝どきどきしながら歩いているが、あまり緊張が高まると、血圧が上がって死んだりするので勘弁して欲しい。
 1匹目は近寄る間もなく逃亡。
調布市の猫

調布市の猫

 子猫の路地で見かけたのは長毛茶トラ白のみで、逃げ足ばかり早くて歯が立たず。次は短毛の茶トラ白。
調布市の猫

調布市の猫

 慎重に近寄ってみる。
調布市の猫

 塀の上に飛び乗って、茂みに身を隠した。この毛並みはきっと飼い猫だろうな。
調布市の猫

 日なたで毛繕い中の猫発見。
調布市の猫

調布市の猫

 とても人懐っこい子で、しゃがむと突進してくるので、微妙な姿勢でしか撮れなかった。今日はこれだけ。
調布市の猫

Classification tagging : |

2019-11-08
床屋のキジ白

 今日から冬ダイヤで散歩するようになった。この季節になると、あまり早く家を出ても暗くて写真が撮れないし、そもそも猫がいても見えないので、日勤の時は、夏季よりも出発時刻を30分ほど遅らせている。具体的には、夏ダイヤは5時起床の6時半スタート、冬ダイヤは5時半起床の7時スタートが目安となる。12月にもなるとそれでも暗いが、あまり出発を遅くすると散歩の時間が短くなるし、せめてコーヒーの一杯でも飲んでから仕事に就きたいので、それ以上は遅くしていない。
 先月20日以来の日勤だった今日は、立川から柴崎体育館を散歩コースに選んだ。以前のようにたくさんの猫に会えないことは織り込み済みで、ラブホ横丁、小料理「だめさ」、チョビ1号邸、七三の縄張りなど、心当たりはすべて空振り。ヘタすると1匹も会えないかも知れないなあと危惧し始めたところで、ようやく最初の猫に遭遇した。建物と車の隙間でキジ白が日に当たっていたのだった。
立川市の猫

立川市の猫

 ここにはかつて俺が「床屋の三毛婆さん」と呼んだ高齢の三毛が住んでいた。古びた床屋の隣には廃屋が建ち並び、そちらにも何匹かの猫が住みついていたが、何年か前にすべて取り払われて新しい住宅が建ち、三毛もほかの猫たちもそれきり見なくなった。ここで猫に会うのは4年3ヶ月ぶりで、しかもキジ白は廃屋に住みついていた猫の1匹だったので、見つけた時は心底驚いた。もうここに猫はいないと思っていたが、床屋の主人、ずっと面倒を見ていたんだなあ。
立川市の猫

 床屋の三毛婆さんが死んだことは、だいぶ前にゆっくり邸の主人から聞いた。時期はよく覚えていないが、ゆっくり1号よりは早かったと思う。こちらの黒はゆっくりちゃんのお友達。
立川市の猫

 こいつも。
立川市の猫

立川市の猫

 君たちは同種のお友達のことを覚えているものなの?
立川市の猫

 「……」
立川市の猫

 とあるコインパーキングから猫の鳴き声が聞こえてきた。佇まいが冬っぽくなってきたな。
立川市の猫

立川市の猫

 今日の猫は6匹。最後は顔見知りの茶トラ白。
立川市の猫

立川市の猫

 目ヤニが出ているようだが、近所の家で美味しいものをたらふく食べているので、毛並みは悪くない。こいつも知り合ってずいぶん長いなあ(2011年10月初旬の様子)。
立川市の猫

Classification tagging : | | | |