« 7月 2019 8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2019-08-10
やっと一息

 連日の高温と夜勤が重なって、ここ数日は体力的にかなりきつかった。今日などは散歩中に足がつる症状が出たため、このまま続けては死ぬと判断し、散歩を中断して最寄りの東中野バス停から帰途についた。明日以降も暑いことは暑いが、二日間の休暇のあとは日勤が増えてくるので、命がけということは徐々に少なくなってくるだろう。
 谷戸の谷間を六花咪が巡回中。こんな日でも見えるところにいてくれる子は本当にありがたい。
多摩市の猫

 こちらに気づいて尻尾が上がった。可愛いねえ。
多摩市の猫

多摩市の猫

 谷あいの追跡劇。
多摩市の猫

 つかつか。
多摩市の猫

 小走りで追いつくと、どてっと姿勢を崩して放熱モードに入った。俺も汗が滝のように吹き出て止まらない。同じ哺乳類なのに体温の調節方法はだいぶ違うものだね。
多摩市の猫

多摩市の猫

 5分ほど構ったり写真を撮っていただけなのに体力が限界。俺今日はもう帰るわ……。
多摩市の猫

 丘を越えてバス停へ向かう道すがら、定点の猫民家の敷地内に1匹発見。
八王子市の猫

八王子市の猫

 本当に来年オリンピックやるの? 絶対死人が出るよ。一人や二人じゃないよきっと。
八王子市の猫

Classification tagging : | |

2019-08-09
幼児から少年へ

 本来なら今日は休暇で、今ごろ自宅で猫とまったりしていたはずなんだが、なぜか職場の机に向かってこれを書いている。
 俺の職場では毎月20日ごろまでに翌月の休暇希望日を出しておくと、振休や年休が優先的にその日に割り当てられた上で、交代勤務の勤務シフトが組成される。今日はその休暇希望日だったわけだが、希望を受け付けた側がそれを反映するのを忘れ、希望した側(つまり俺)もリリース前の回覧で確認を怠り、その結果今日の勤務には夜勤が割り当てられていた。どうしても外せない用なら無理にでも休むが、今日は早朝から出かけて10時ぐらいには終わり、出勤前に寝る時間も確保できそうだったので、敢えて変更はしなかった。
 猫関係業務も用事のついでに済ませたが、今になって振り返ってみると、この季節の夜勤前の散歩は、真っ昼間に歩き回って死にそうになるよりも、朝早くに済ませて二度寝した方がいいかも知れない。無論、それだと睡眠時間が分断されるし、あまり遠くへも行けないが、どのみち朝は猫に起こされるし、今日のように37.0℃とかいうレベルになると、遠くへ行く意味もない。
 まあそんなこんなで今日の1匹目は早朝の黒煙邸から。百日紅の咲く路地に相方ちゃんが佇んでいた。
府中市の猫

府中市の猫

 最近は黒煙ちゃんよりこの子の方が出現率が高い。仮の名前、いいのないかな。
府中市の猫

 ご近所猫民家をもう1軒。2匹いるのが分かるかな。
府中市の猫

府中市の猫

 跨座式モノレール的佇まいの黒白。お腹の脂肪でバランスを取っている?
府中市の猫

 「私には無理だわ」
府中市の猫

 「なんですとー」
府中市の猫

 終日曇りとの予報だったにもかかわらず、雲ひとつない青空が広がって、今日は朝から気温の上がり方が急激だった。まだ7時前だというのに猫は日陰に隠れている。
日野市の猫

 前回も見かけたポイントさん。今日は近寄れるかな。
日野市の猫

日野市の猫

 ドアップに成功したけど、今までにない展開でお目々まん丸。寄り目はポイントカラーによく見られる症状で、C遺伝子の劣性遺伝でメラニン色素の生成が抑制されることにより、毛色が薄くなるだけでなく、視神経の形成にも影響することが原因。
日野市の猫

 定点の子猫ポイントにたどり着いたのは7時すぎ。もう暑すぎて見えるところにいる気がしないんだけど、どうかな。
八王子市の猫

八王子市の猫

 おお、大人びてる!
八王子市の猫

 お母さん、息子さんはずいぶんカッコいいキジトラになりましたね。
八王子市の猫

八王子市の猫

 生まれたのは4月初旬だと思うので、恐らく月齢4ヶ月ほどで、人間なら小学校の新入生ってところ。2週間前と比べて少し大人っぽくなったかな?
八王子市の猫

Classification tagging : | | | |

2019-08-07
転がる物体をいくつか

 台湾の田舎でトラブルに巻き込まれ、誤解を解くため必死に台湾華語で話しかけるも、発音が悪くてまったく通じないという絶望的な夢で目が覚めたのは午前3時。さすがに夜勤の日にそのまま起きるのは早すぎるので、māmámǎmàを唱えながら再び眠りについて、次に目覚めたのは9時だった。
 今日の散歩は京王八王子を12時半にスタート。夏服を買いに洋品店に寄ったので、猫探しの散歩は八王子の繁華街を50分ほど歩き回っただけだった。とはいえ買い物がなかったとしても、36.4℃という気温では、それ以上歩くことは無理だった。猫の方も門扉の向こうで気絶している風体だった。
八王子市の猫

八王子市の猫

 気配には反応するけど面倒くさそう。
八王子市の猫

 柳の花街の和風猫民家にも1匹転がっていた。
八王子市の猫

八王子市の猫

 もはや顔をもたげることすらしない。さっきの猫の方が多少勤勉だな。
八王子市の猫

 住宅街の公園にも1匹。ここで猫を見るのはものすごく久しぶりかも。
八王子市の猫

 もう会えない場所だと思ってずっとスルーしていたが、つぶさに観察してみると、猫の気配を感じさせるものがいくつも見つかる。涼しくなったらもう少しちゃんと探そう。
八王子市の猫

Classification tagging : | |